永久脱毛とエステの違い

永久脱毛を医療機関(クリニック)で行う脱毛とエステで行う脱毛の違いを知っているだろうか。
両者とも光で脱毛をするという点では同じである。
しかし導入している機器が大きく違う。
医療機関はレーザー脱毛、エステは光脱毛と言われる。
照射出力に大きな差があるので、脱毛の確実性が大きく違ってくる。

 

エステで脱毛をする場合は、発毛組織の働きが鈍くなるだけなので、初めは脱毛した効果があるがしばらくしたら生えてきてしまったということが後を絶たない。
エステの脱毛効果は除毛程度と考えるとよい。
エステでは低価格でサービスを提供するために必要コストを抑えることが必要だ。
そのために古い脱毛機器を使用したり、脱毛効果の薄い機器を使用したり、医療許可のない機器を使用している場合がある。

 

エステは低価格な分、収益を上げるためには客のリピート率を高める工夫をしている。
それが照射出力の低い機器を使用することで、何回もエステに通わなければならない状況を作り出すのだ。
また脱毛料金にはアフターケア代金は含まれていないので、美容液などを買わされるトラブルも発生している。

 

一方、医療機関で行う場合は照射出力の高い最新機器を導入しているので、確実で効果的な脱毛が可能である。
レーザー脱毛によって発毛組織を根絶する。
そのため、1回の脱毛によって高い効果を得られるので最短6回(期間は1年ほど)で永久脱毛を完了させることが可能になる。
また医療許可の下りた機器を使用しているので、トラブルが起こった場合充分なケアを受けられる。
医療機関は値段が高い分充実したサービスを受けられる。
施術前のカウンセリング、施術後のアフターケアなどは基本的に脱毛料金に含まれる。

 

料金は大きく違うと言えるが、後々の自分の体のことを考えるならば医療機関で行う脱毛のほうがよいと言える。

 


最近では医療機関でも両ワキ永久脱毛のお試し価格を設定しているところが増えてきている。
エステと医療機関との脱毛効果の差を比較してみてはいかがだろうか。

脱毛の回数の本当の意味を知っておこう

脱毛をするにあたってよく6回コースというのが目立ちます。
しかし何故6回なのか知っていますか?
また何故脱毛する期間を2~3か月あけなければいけないか知っていますか?
今回はその疑問を解決したいと思います。

 

私たちの体にはいたるところに毛が生えています。
毛には休止期、成長期、退行期があって、わきの成長期の毛はわき全体の毛の30~40%しか占めていません。
だから目に見える毛は実は30~40%しかないのです。
毛の生える周期というのは体の部分によってそれぞれ決まっています。
わきの毛のもう周期は大体2~3か月です。
だから2~3か月毛を生やしっぱなしにしておくと、わきの全体の毛が生えてくるのです。
しかし2~3か月もわきの毛を生やしっぱなしにする女性は少ないので、わきの毛の生え変わりを実感しにくいのです。

 

 

脱毛によって処理できるのは成長期の毛のみです。
脱毛1回で効果を実感できるのは生えている20~30%のうち成長期の毛だけなので15%程度の毛なのです。

 

だから6回通えば全体の毛に効果が期待できるというわけなのです。
脱毛は6回が通常コースなのです。

 

 

脱毛は休止期の毛には効果が得られないので、2~3か月待って休止期の毛が成長期になるのを待たなければいけません。
1回の脱毛によって効果が実感しにくい人は毛抜きを頻繁に行っている人と言えます。
なぜなら毛抜きによって毛周期が狂ってしまって、2~3か月待って毛を成長期にしなければいけないのに、毛が休止期になってしまうからです。

 

脱毛をするとき休止期になっている毛が多いと効果は得にくいのです。

 


だから、よく毛抜きをする人は6回の脱毛コースで満足いかない人が多いです。
なので、脱毛期間中は毛抜きをしないことを勧めます。
その方が結果的に脱毛の効果が早く現れます。

永久脱毛で使用するレーザーの仕組みを知っておきましょう

クリニックなどでよく聞くレーザー脱毛ってありますよね。
それって一体どのような仕組みなのでしょうか。

 

レーザーは特定の色素にのみ反応して熱を出すという特徴があります。
その特徴を生かして、毛昆部分にある黒い色素(メラニン)のみを照射し、熱で破壊するのがレーザー脱毛の仕組みです。
メラニン以外の周囲の皮膚に反応することはないので火傷の危険性は低いと言えます。

 

さらにクリニックでは保冷保湿ジェルを脱毛の時に使用するので、火傷の危険性はさらに低くなります。
他の脱毛方法に比べてレーザー脱毛は痛みが少ないです。
照射する部分にもよりますが、人によってはほとんど痛みを感じないほどです。

 

永久脱毛の注意点

 

脱毛期間中は日焼け厳禁です。
なぜなら日焼けした肌にはメラニンがあるため、レーザーがそのメラニンに反応してしまい、脱毛効果が得にくくなり、また施術時の痛みが増します。
日焼けしていると肌が乾燥しているので施術時の痛みがさらに増します。
そして日焼けした直後などは肌が敏感になっているのでレーザーで刺激するのは肌によくないのです。
日焼けするなら脱毛完了後にしましょう。

 

カミソリや毛抜きによって肌を傷つけているケースが多いので、皮膚表面を傷つけないレーザー脱毛をすると毛穴が引き締まり滑らかな肌になります。

 

自己処理によって知らず知らずに傷つけてしまいごわごわした皮膚も、脱毛により柔らかくなりすべすべしたきれいな肌を手に入れることができます。
夏までにきれいなわきを手に入れたいなら今すぐに脱毛を始めてはいかがでしょうか。

 


脱毛当日は皮膚に熱がこもっているので入浴ではなく、シャワーをおすすめします。
また肌が敏感になっているのでタオルでごしごしと肌をこするのは控えましょう。